naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

ドクターペッパー

ほんとにこのところ、回顧ものが多い。
昨日も書いたが、昔のことばかりを考えたり思い出したりというのは、危ない兆候でもあるらしい。
誰だったか、栗本慎一郎氏だったかな、脳梗塞で倒れる前がそうだったと聞いた気がする。

大丈夫かな。

まあいいや、明日からは会社も9連休。色々やらなければいけないことがたまっている。
明日明後日は楽器も弾くし、身体を休めながら、前向きなことも色々考えるようにして、バランスをとろう。

それはそうと、またまた昔話。

ドクターペッパーってありますよね。コカ・コーラから出ている清涼飲料水。
コーラみたいだけど、独特のカラメル味。これって、他のメーカーからは類似の商品って出ていないような気がする。

私がこのドクターペッパーに出会ったのは、大学に入った時だった。

木更津の田舎から出てきて一人暮らしを始めて、マクドナルドというものに入ったのは、大学1年、国立のマクドナルドだった。このことは以前書いた。
  http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/15978230.html

ドクターペッパーも、私にとっては、「東京に出てきて初めて知った味」の一つなのだ。

確か、初めて買ったのは、西武多摩湖線一橋学園駅南口、戸隠そばの脇、踏切のところに立っていた自動販売機でだったと思う。
当時のことだから、ペットボトルなどはなく、缶だった。

これ、何だろう、と思って買って飲んでみた。
コーラはもちろん知っていたが、それとはちょっと違う、独特の味。
今でも、ドクターペッパーを飲むと、大学に入り立ての頃を思い出す。

ドクターペッパーというのは、そんなにヒット商品ではないはずだ。
どの自販機にも入っているというものではない。また、スーパーに行っても、必ず置いてあるというものでもない。

しかし、不思議なことに、30年以上経つ今でも、細々と(失礼)、息長く生き残っていて、時々目にふれる、そんな珍しい商品である。

先週、ご近所アンサンブルの練習に行って、練習後、飲み会に移動する途中、近くにあった自販機で、久しぶりに目に止まったので、つい買ってしまった。ペットボトルだ。
今、それを飲み終わったところ。

そう言えば、ずいぶん前に海外旅行をした時、飛行機の飲み物サービスがまわってきた際に、ドクターペッパーがあったので、
   「Doctor Pepper、Please」
と言ったのだが、何度繰り返してもわかってもらえず、あきらめて他の飲み物にしたことがあった。
何で通じなかったんだろうな。
発音か。