naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

昔はなかったもの~オフィス街のコンビニ

イメージ 1

イメージ 2

これは、昨日、昼休みに会社の近くを歩いていて、ふと気がついたんだけど、昔は、オフィス街にコンビニはなかったよね。

コンビニというのは、家の近くにあるものだ、という感覚があった。

私が今勤務しているのは、東京八重洲中央区京橋だが、昔は、東京駅近辺や、会社のまわりに、コンビニは1軒もなかった。これは断言できる。

記憶をたぐると、八重洲通りにあるローソン、これがこのあたりに初めてできたコンビニではなかっただろうか。
上の写真がそれである。
昭和通りよりも1本東京駅寄りの通りの角、東日本銀行の並びの店だ。

オフィス街の中に、あのブルーの看板ができた時の違和感は、今でもおぼえている。

あれはいつのことだっただろうか。

以前、労働組合で仕事をしていた時に、春闘の団交議事録を、このローソンから発送したことがある。

ある年のプロ野球の開幕日に、このローソンから発送したことがあったが、ジャイアンツの斎藤雅樹投手が完封勝ちしたのをおぼえている。
斎藤投手は、94年から96年まで、3年連続で開幕戦完封勝利を果たしているので、この内のどれかの年だ。

その頃からあったんだ。

でも、今はもう、右を見ても左を見ても、コンビニ、コンビニ。
かつての銀行の店舗がそうだったな。右を見ても左を見ても銀行があったものだが。

便利だしねえ。
やっぱり、オフィス街にコンビニ、というのは、ビジネスとしてはぴったりだね。

昨年の震災の時、私はまっ先に、近くのampmに走って、乾電池方式の携帯電話の充電器を買ったのだった。コンビニがあってよかった、と思ったものだ。

でも、オフィスビルが並び立つ中に、初めてローソンの看板が現れたあの時の違和感は、やっぱり忘れられないものがあるのだ。

※ほとんど関係ないけど、セブン-イレブンについての記事
    「セブン」か「イレブン」か
       http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/42877456.html
    セブン-イレブンの日
       http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/54978850.html