naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

【ネタバレご注意】2016.8.17 小田和正マリンメッセ福岡公演<1>

17日(水)、「Kazumasa Oda Tour 2016 君住む街へ」の、マリンメッセ福岡公演に行ってきた。

2日間行われる公演の初日である。

7月30日(土)の、セキスイハイムスーパーアリーナ公演に続く、今次ツアー、2回目の参戦。

このマリンメッセ福岡には、前回のツアー、「本日小田日和」の時にも来ている。2014年8月14日(木)だったので、同じ盆休み期間中。ほぼ丸2年ぶりとなる。

   ※やってまいりました!
       http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/65429942.html

今回、オンステージシートの申し込みをしよう、という話になり、事前にキョードー西日本のサイトにあたってみたところ、およそ50席が用意されること、申込受付は、開場1時間前から開場20分後であることがわかった。

開場は18:00。その少し前に着くべく、ホテルを出て会場に向かった。

会場のまわりには、既に開場待ちの長い行列ができている。暑いためか、開場を早めて入場させているようだった。

オンステージシートの申込受付はどこだ?

案内表示をさがして、申込受付のテントにたどり着く。係の人に、チケットを見せて、申込用紙を受け取る。

イメージ 1


オンステージシートを申し込むのは、前回ツアーの新潟公演の時以来、2回目だ。

新潟の時は、ホワイトボードに当選者の番号が発表される方式だったが、今回の福岡は、自分の席に座っていると、18:20~18:40の間に、当選した場合は、係員が知らせに来てくれる、という。へえー。そういうやり方なんだ。

申込用紙の記入所が近くにあり、そこで申込書部分に名前や席番号などを記入して、切り取って係員に提出。

   ※新潟の時の関連記事
       オンステージシート申込
          http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/64525570.html
       【ネタバレご注意】2014.10.3 小田和正朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター公演<2>
          http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/64527876.html

   ※今回の関連記事
       オンステージシート申し込み
          http://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/65429947.html

続いて、グッズ売り場へ。海に面した一角に、ツアートラックが並んでおり、その合間にグッズ売り場のテントがある。傾く西日が照りつけて暑い。

イメージ 2


7月のセキスイハイムスーパーアリーナの時はテントが2つあったが、ここでは1つしかなく、長い行列ができている。それでも、そう待つことはなく買えたが、その時は、オンステージシート当選お迎えが始まる18:20までほとんど時間がなくなっており、急ぎ入場して、何とかぎりぎり18:20には着席することができた。

今回の座席は、1階スタンドF12列25・26番。

場内に掲示されたスタンド席配置図。

イメージ 3

イメージ 4


前回は同じスタンドのGブロックだった。今回の方がステージに近い。

この図で、F・Gブロックと、P・Q・Rブロックの間の通路が、「キラキラ」、「ラブ・ストーリーは突然に」で、小田(和正)さんが場内一周したルートである。

入場前、「立見」という案内表示があるのを見て、立見席があるんだ、と思った。この図で、最後列の赤く塗られたところが、立見席。

さて、着席したら、18:20~18:40は、離れるわけにはいかない。当選してせっかく係員が来ても、席にいなければ無効となる。

まだ空席が相当あるとは言え、これだけの人数の中から50席だから、まあ、望みは薄いと思いつつ、自分たちのところに係員が来てくれるのでは、と少々緊張しながら待つ。通路をこちらに向かって歩いてくる黒服の係員がいると、あれか? とドキッとしたりして。

・・・来ませんでした(笑)。

18:40を過ぎたので、開演に備えてトイレへ。妻がトイレに行った時、当選者カップルと係員のやりとりを目にしたそうで、グッズの白いTシャツを着たその男性は、ライブ中に、小田さんからマイクを差し出されて歌っていた。

しかし、このマリンメッセ福岡という会場は、廊下も広いし、トイレもたくさんあって並ばないし、とても快適だ。

廊下から海が見える。

イメージ 5