naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

【ネタバレご注意】2018.7.4 小田和正横浜アリーナ公演<1>

「Kazumasa Oda Tour 2018 ENCORE!!」。

4日(水)、横浜アリーナでの公演に出かけた。

5月19日(土)、函館アリーナ公演に続き、今次ツアー2回目の参戦である。

東京駅で妻と落ち合い、新幹線で新横浜へ移動。

横浜アリーナに来るのは、前回ツアー、2016年10月以来となる。

駅からそう遠くないのがありがたい。

   やってまいりました、横浜アリーナ
      https://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/66092183.html

入場して、まずグッズ売場に急ぐ。前回、函館の時は、あまりに長い行列に、並ぶのを断念したのだった。

小田和正70年史」パンフレットを始め、ツアートラックのミニチュア、Tシャツなどを購入。

席に着く前に、ホワイエで軽く飲食。この会場には売店も複数あって、生ビールも売っているが、控えた。

我々の席は、西スタンド1列16番、17番。前回も同じ西スタンドの下手寄りだったが、今回は、それよりも舞台正面寄り。

最前列なので、一度も立つことなく聴いた。

開演を待つ場内には、いつものように洋楽が流れている。ミッシェル・ポルナレフの「シェリーに口づけ」、ジグソーの「スカイ・ハイ」、KC&ザ・サンシャイン・バンドの「ザッツ・ザ・ウェイ」など、70年代の知っている曲も出てきた。

横浜アリーナに来ると思い出すのが、1990年にここで行われたライブ。スタンド席の上方に空席が目立った。

前年にオフコースが解散して、ソロとしては初のツアーだったと思うが、地元横浜でも満席にすることができなくなったのか、と少々衝撃に感じたのをおぼえている。

ラブ・ストーリーは突然に」で、ソロアーティスト小田和正がブレイクするのは、翌年である。

あれから28年経ち、今は満席。すごいことだと思う。