naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

モーツァルト交響曲全曲演奏会完遂と牛山正博君を偲ぶ会

今日14日(日)は、13:00から松本市の深志会館で、「モーツァルト交響曲全曲演奏会完遂と牛山正博君を偲ぶ会」が行われる。

2008年3月にスタートした、松本モーツァルト・オーケストラのモーツァルト交響曲全曲演奏プロジェクトは、10年余りの歳月をかけて、昨年秋に交響曲全52曲を完遂、今年5月の特別演奏会でのレクイエムをもって、大団円を迎えた。

しかし、このプロジェクトの中核におられた、コンサートマスターの牛山正博先生が、その直前、今年2月に病没されるという、誠に画竜点睛を欠く事態も発生した。

私は、縁あって2014年からこのプロジェクトに参加する機会を得て、牛山先生と出会った。

以後、年2回行われる演奏会の内、春に、2016年、2017年、2018年、そして先の特別演奏会と、都合5回参加させていただいた。

このオーケストラで、K466のピアノ・コンチェルト、31番、40番、41番のシンフォニー、クラリネット・コンチェルトを弾く機会を得たことは、私のオケ人生の中でも、最大の僥倖だと思っている。

そしてまた、松本を訪れれば、練習で、あるいはその後の酒席で、牛山先生に親しく接していただいた思い出は、数多い。

牛山先生については、このオケとは別に、2016年にスタートした宇奈月オペラでも、毎年ご一緒してきた。こちらでは、牛山先生はヴィオラのトップに座ってこられたので、松本よりも一層近くで色々学ぶ機会となった。

結果として、最後にお目にかかったのは、昨年9月の宇奈月での「魔笛」だった。今年2月にもたらされた訃報には、ただただ驚くだけだった。

5月の特別演奏会の練習に参加して、コンマス席に牛山先生の姿がないことが、信じられなかった。

今日の松本での会の構想については、特別演奏会の練習の時に話があり、後日、メールで改めて開催案内が届いた。

牛山先生を偲ぶ会としてだけでなく、その牛山先生が、全曲演奏完遂の暁には、みんなでお祝いをしたい、と言われていたことを受けての、祝賀の会としての趣旨も併せて行われるとのことだ。

松本モーツァルト・オーケストラの芸術監督、そして指揮者である、横島勝人先生が牛山先生の思い出を語られ、松本モーツァルト・オーケストラのビデオの上映や、松本室内合奏団を始めとする、ゆかりの仲間達の演奏が行われた後、横島先生の指揮により、全員での演奏もあるそうだ。

きっと、この長いプロジェクトに携わられ、牛山先生とも長く深いおつきあいのあった方々が、あの深志教育会館に入りきらないくらい集まるのだろう。

私も、千葉から思いを馳せたいと思う。

松本モーツァルト・オーケストラの皆さま、実行委員会他関係者の皆さま、本当に、偉業達成おめでとうございます。お祝い申し上げます。

牛山先生、短い間でしたが、お世話になりました。ありがとうございました。改めてご冥福をお祈り致します。

※過去の関連記事
    2月3日、訃報重なる<1>~来月お会いするはずだった松本のU先生
       https://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/66248922.html