naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

中止、延期の動き、身近に

新型コロナウイルスによる、中止や延期の動きが、身近に出てきた。

 

浦安オケの練習が、今月いっぱい中止となった。市内の施設が使えないからだ。

 

本番は6月なので、まだ時間があるとは言え、3月に予定されていた5回の練習がすべて中止になってしまった影響は大きいと思う。私は、今季降り番だが、本番に向けて練習している団員の皆さんは、大変だろう。

 

また、浦安ユースオーケストラは、29日(日)に定期演奏会を予定していたが、中止となり、別の日に、一般公開でない形で行う方向と聞く。

 

毎週、一所懸命練習を積んできたユースの子供たちが、今、どんな気持ちでいるのかと思うと、本当にかわいそうでならない。

 

同じ29日には、千葉県少年少女オーケストラも定期演奏会を行う。これには行く予定にしているのだが、予定通り演奏会が行われるのかどうか、心配だ。

 

4月にも、チケットを買ってある演奏会やライブが、現在のところ3つあるのだが、どうなることか。

 

自分が演奏する方で言うと、浦安オケは降り番だが、5月に松本モーツァルト・オーケストラの本番、6月には、マウントあさま管弦楽団オーストリア公演を予定している。

 

松本は、来月から練習に参加する予定だ。マウントあさまは、既に2回練習が行われた。

 

一昨日、Facebookで得た情報によると、田久保裕一先生が指揮される、30日(月)の、ムジークフェラインでの「第九」の演奏会が中止になった、とのことだ。

この演奏会は、マウントあさまと同じようにアマチュア団体の海外公演らしく、我々も同じムジークフェラインで演奏する予定でもあるので、他人事とは思えなかった。
(ただ、この話については、今日になって、10月に延期開催されるとの情報があった)

 

果たして、6月には予定通りにウィーン、そしてリンツに行けるものだろうか。当初と違って、ヨーロッパ各国にも感染が拡がっている状況下、本当に心配だ。

 

とりあえず、来週、20日(金)の練習は、予定通り行われるとのことだ。旅行社の担当の方が、つい最近、ウィーンに行かれたそうなので、練習時に何かの話が聞けるかもしれない。

 

5月の松本にしても、予定通り演奏会まで行けるかどうか、こちらも予断を許さない。

 

気が揉めることだ。

 

<追記>

14日(土)夕方、佐治薫子先生からお電話をいただいた。千葉県少年少女オーケストラの演奏会が、やはり中止になったとのご連絡だった。

長い間練習してきたのに、団員たちがかわいそうで、とおっしゃっていた。

夏の演奏会には、是非うかがいます、と申し上げた。