naokichiオムニバス

65歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

はんこ自動販売機

今日21日(金)は、会社帰りに新宿駅西口近くにある、ブックファーストに立ち寄った。

 

勤務先(A社)の近くに、こういう大規模な書店があるのは嬉しいことである。

 

レコード芸術」や「モーストリークラシック」などを購入した。

 

この書店の一角に、「はんこ自動販売機」なるものが置かれていることに、先日気がついた。

f:id:naokichivla:20200821235204j:plain

 

B社(三軒茶屋)では、シャチハタ製の印鑑を使っているのだが、昔から、印鑑は朱肉で捺すのが好きなので、この際1本ほしいと思っていた。

 

面白そうだから、この自販機で作ってみようと思ったのだが、試しに操作してみると、完成までは10~20分かかるとのこと。その時は、あまり時間がなかったので見合わせた。

 

今日再び、その自販機の前に立ってみて、どうせ明日は休みだし、ちょっと遅くなってもいいからやってみよう、と決心。

 

パネルを操作しながら、作業を進めた。

f:id:naokichivla:20200821235239j:plain

 

手順としては、まず、はんこの種類を選ぶ。色々種類があるが、名字2文字を縦に並べるタイプにした。

 

彫りたい名前を入力し、書体を選ぶ。明朝体にした。

 

印材を選ぶ。

f:id:naokichivla:20200821235544j:plain

 

パールグリーンを選んだ。800円。

 

印材がセットされ、いよいよ名前が彫り始められる。

 

完成まで16分、と表示され、これがだんだんカウントダウンしていく。

 

この間、パネルには、CGで、名前が彫られていく様子が表示された。赤い印面に、名前が黄色く彫られていく。実際にそのように彫られているのかわからないが、なかなか興味深い。

f:id:naokichivla:20200821235745j:plain

 

16分まではかからなかったように感じた。

 

彫り終わると、「印面を清掃しています」と表示が出て、待つことしばし。

 

手前下の取り出し口に、できあがった印鑑が出てきた。

f:id:naokichivla:20200822000036j:plain

 

週明け、24日(月)は、ちょうどB社への出社となる。持って行こう。