naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

2030年札幌でオリンピック、パラリンピック?

今回の旅行、何度となく歩いた札幌の地下歩行空間。

f:id:naokichivla:20220415221101j:plain

 

左右の柱に、先日の北京オリンピックパラリンピックで活躍した選手たちの写真が貼られている。

こちらはカーリング吉田知那美選手。

f:id:naokichivla:20220415221239j:plain

 

先のオリパラでの活躍を讃えて、かと思ったら、よく見ると違う。

f:id:naokichivla:20220415221207j:plain

 

2030年、札幌に、という誘致のプロモーションなんですね。

f:id:naokichivla:20220415221524j:plain

f:id:naokichivla:20220415221544j:plain

 

1972年、札幌オリンピック。当時私は高校1年生の3学期だった。

1964年の東京からまだ8年しか経っていない年の、日本で初めての冬のオリンピック。

東京五輪音頭」「東京オリンピック音頭」とはまったく違う曲想の、トワ・エ・モワの「虹と雪のバラード」。古関裕而氏の「オリンピック・マーチ」とはこれもまったく違う曲想の、山本直純氏の「白銀の栄光」は、その8年間の変化として強く印象に残っている。

(札幌の地下歩行空間には、「虹と雪のバラード」が流れていた)

 

札幌としては58年ぶり、1998年の長野に続く、日本3回目の冬のオリンピックは実現するだろうか。