naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

大阪・京都旅行<3> 4月24日(日) 開陽亭で昼食

24日(日)、帰京の日。

 

京都の開陽亭で昼食を予約してある。

 

9時半前、淀屋橋の宿泊先ホテルをチェックアウト後、まずは御堂筋線で梅田へ向かった。

 

妻の希望で阪急百貨店に行き、食料品売場で買物をした。

 

永田屋昆布の佃煮。

一保堂茶舗のお茶。

 

足立音衛門。栗をメインにしたお菓子の店だ。

ショーケースにこんなフィギュアが。

大阪だけにタイガース。栗を打っている。左打ちだから佐藤輝明選手だろうか。

 

大阪駅から新快速に乗って京都へ移動。30分ほどで着いた。

 

まずここでも買物。パン屋を2軒。

 

コトチカ京都の志津屋

 

それから駅前の進々堂にもまわった。

 

コインロッカーに荷物を預けて身軽になる。

あとは開陽亭で昼食をとったら帰京だ。

 

昨日、開陽亭は12:30の予約にしていたが、電話して12:00に早めてもらう。開店が12:00だ。

 

京都の洋食の名店、開陽亭は、先斗町で営業していたが、2020年9月をもって一旦閉店し、博多町というところに新しい店を新築。2022年2月22日(火)にオープンした。

 

我々も京都を訪れれば何度となく入った店だが、先斗町の前の店に最後に行ったのは、2019年2月、元浦安オケの団員で、当時大阪在住だったHさんとの昼食だったと思う。

 

先斗町よりは南東に位置するという理解でいいのだろうか。南座の南方向である。スマートフォンに出した地図を見ながら歩いてさがす。

 

宮川筋を南下。雨に濡れる京都のこういう小路は良い風情だ。

 

迷うことなく、新しい開陽亭に到着。

既に並んでいるお客さんがいて、正午前だが順次入店することができた。

 

2階の席に通された。今度の店も良い感じだが、先斗町の店の独特の雰囲気が思い出される。

 

 

季節のオードブル。

 

至高のコンソメ。まさに至高だった。

 

ポークチャップ。

 

大変満足して店を出た。

 

※開陽亭公式サイト

    https://www.kaiyoutei.com/

 

京都駅に戻り、14:06の新幹線に乗って帰京。

 

下り側のホームにやってくる電車を撮影しようと待ち構えている人がたくさんいると思ったら、黄色い車両が入ってきた。

 

私は知らなかったが、「ドクターイエロー」といって、10日に1回くらい走るらしい。

 

   ※JR東海のサイトから

       https://railway.jr-central.co.jp/train/work/detail_04_01/index.html

 

品川で総武快速に乗り換えて帰った。

短かったが実りある旅だった。

 

※開陽亭に関する過去記事

    京都旅行 4月6日(金)<18> 開陽亭①
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/66035870
    京都旅行 4月6日(金)<19> 開陽亭②
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/66035876
    京都旅行・夏 7月14日(土)<10> 開陽亭で昼食
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/66122680