naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

久々の飲み会乗り越しが何か懐かしい

このブログでも再三再四書いてきた、飲み会帰りの乗り越し事件。

乗り越したにとどまらず、折り返してもと来た方向へ走っているのに気がついた、なんていうことも珍しくない。

 

コロナ禍で飲み会もなくなってしまった昨今、そんな乗り越しを久しぶりにやりましたよ。

それは26日(火)のことでした。

 

前の会社の同期、仲のいい3人で定期的に飲んでいる「定例会」。

オミクロン株による感染拡大の状況下、外で飲むことへの家族の了解が得られない、というメンバーがいて、今年に入ってからは一度もできていなかった。

 

しかし、ここにきて、家庭内の規制緩和が進んだとの連絡が久しぶりに入った。

 

残り2人はそれを待ち構えていたので、よし、とさっそく日程を決めた。

今回は、ゲストを招くことにした。B社(三軒茶屋)に近いところにある、前の会社の子会社に勤務するM氏である。M氏は、近く現職を退任して完全リタイアすると聞いていたので、それならその前に一緒に飲もう、と一決したのだった。

 

26日、東京駅で待ち合わせた4人は、八重洲地下街にある居酒屋で旧交を温め、2時間あまり楽しい時間を過ごした後、近い時期の再会を約して解散。

 

神奈川方面2人、茨城方面1人。私はひとり千葉へ向かった。

その時乗った総武快速が君津行きだったことに、あんまり意識が向いていなかったな、思えば。

 

気がついたら、長浦にいました。

千葉まででよかったんですが、長浦。

 

長浦、ご存知ないですか?

千葉→本千葉→蘇我→浜野→八幡宿→五井→姉ヶ崎→長浦。

(さらに乗って行けば、袖ケ浦巌根→木更津→君津)

 

千葉からだと時間にして32分の乗り越し。

 

折り返して帰ったのは言うまでもないですが、何か懐かしかったですね。

かつてはこんなの日常茶飯事だったわけですが、外での飲みなんてめったになくなったこのコロナ禍。

懐かしいというか、久しぶりで嬉しいというか。

 

ま、気をつけますが。

 

※過去の関連記事

    「君津行き」の恐怖
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/19968403