naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

八重洲ランチ処~泰興楼の焼餃子

イメージ 1

   長さ12cmのジャンボ餃子





今日20日(火)は、午後から外部のセミナーがあるため、昼頃会社を出た。
どこかで昼食を、と考えながらとりあえず八重洲地下街を歩く内、突如として餃子ライスが食べたい、という衝動に襲われた。
このへんで餃子といえば・・・泰興楼(たいこうろう)だ!

地上に上がり、八重洲仲通りへ。
餃子にかけてはこのあたりでは有名店である泰興楼は、昭和24年2月、東京駅八重洲にオープンしたのだそうだ。もう58年になる。

  泰興楼Webサイト
     http://www.taikourou.com/

焼餃子セットを注文。
餃子は4個か6個か選べるが、ここの餃子は大きいので、4個にする。
ごはん、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐がついて900円は、大変リーズナブルだ。
欲を言えば、ごはんが、もっとアツアツだとよかった。
餃子ライスでも、サンマの塩焼き定食でも、トンカツ定食でも、カレーライスでも、基本的に何でもそうだが、結局のところ、「ごはんが熱くておいしいか」が、その食事の評価を半分以上決定すると思う。
この点は、東海林さだお氏、椎名誠氏、木梨憲武氏の主張に、いたく共感を抱くところだ。

それはさておき、この店は、他の中華料理も大変おいしい。

まだ入ったことがない方には、是非お薦めしたい店である。