naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

浦安シティオーケストラ入団記念日

昨15日(火)は、浦安オケの入団記念日である。

大学卒業後、ヴィオラから離れていた私が、大学オケの先輩であるS氏からの誘いを受けて、1995年のこの日、練習に初参加、入団を決めたのが、現在に至るオケ活動の再スタートだった。

あれから24年。四半世紀の区切りに向けて、25年目のスタートとなったが、次の本番である6月の定期演奏会は、降り番とした。

スポット的な演奏会に乗らなかったことはあるが、定期演奏会を降りるのは、入団25年目にして初めてのことである。

昨年12月9日(日)の浦安市民演奏会の本番を最後に、練習には行っておらず、オケ仲間の顔を見ていない。

団内、パート内のメーリングリストでは、様々な連絡が入ってくるが、その多くが降り番の自分には関係ない内容なのが、初めての不思議な感覚である。

とりあえず6月までの半年間は、日曜日のオケ通いを見合わせ、以前からの家事の諸課題等に時間を割く予定だ。

ただ、休団の形はとらず、月1回程度は、楽器を弾く場として、練習に参加させてもらうつもりでいる。

その次、11月の定期演奏会では復帰したいと思ってはいる。

活動実態のない状態での、24回目の入団記念日となった。

ところで、24年前、入団して最初に乗った3月の定期演奏会のメインはチャイ5だった。

そして、今年6月の定期演奏会のメインも、実は同じチャイ5である。

24年前に、十数年ぶりのヴィオラ復帰に際して取り組んでいた曲と、入団後初めて、定期演奏会降り番にしている今、変わらず活動しているメンバーが取り組んでいる曲が同じ、というのは、単なる偶然に過ぎないのだが、同じ1月の時期の符合は、私にとっては、何かの因縁を感じさせられることではある。

※昨年の入団記念日記事

    入団記念日
       https://blogs.yahoo.co.jp/naokichivla/65962822.html