naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

西新宿ランチ処~富城屋

イメージ 1

イメージ 2

前の会社を退職し、グループ会社に移って間もなく1ヶ月。

この間、メインの西新宿、非常勤先の三軒茶屋のそれぞれで、昼食については、ほぼ毎日、違う店に入って開拓してきた。

ラーメン、中華定食、いわゆる町中華の店は、必須である。

西新宿で見つけたのが、会社から歩いて5分程度のところにある、富城屋という店。

今日が2回目だった。

ラーメン類、チャーハンや中華丼などのご飯もの、定食類とメニューが豊富でなかなか良い。しばらく通って、あれこれ食べてみたい。

前回は、初回ということで、偵察の意味でチャーハンを頼んでみた。

今日は、定食メニューの中から、「味噌野菜炒め」を選んだ。

と言うのも、学生時代から、この手の中華料理屋は数えきれないくらい歩いてきたが、「味噌野菜炒め」なるメニューを見た記憶がないからだ。

「ここでしか食べられないもの」を優先するのは、外食の鉄則である。

なるほど、味噌味。

思ってみれば、ラーメンにも、醤油、味噌、塩とあるのだから、野菜炒めにもそれぞれがあってもいいかも。

(話は飛びますが、中華丼って、醤油系と塩系とありますよね。私は醤油派です)

お椀が味噌汁って、町中華には珍しくないだろうか。

実は、前回食べたチャーハンだと、味噌汁でなく、わかめが入った塩味の透明なスープだった。芸が細かい。

(ただ、この店が残念なのは、すべてのテーブルの上に灰皿が置いてあること。うーん、惜しいっ)