naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

千葉銀行本店

千葉市役所の近く、国道357号線ぞいにある、千葉銀行本店。同じ敷地内に、新しい本店ビルが建築工事中である。

 

現在の千葉銀行本店のビルには、高校生の頃の思い出がある。

 

当時(1971年頃)、私は、ある会合に出席するため、木更津から千葉の登戸(のぶと)のあたりまで、定期的に来ていた。

 

木更津から内房線で千葉に着くと、京成で新千葉まで乗る。

 

新千葉駅

f:id:naokichivla:20200414180132j:plain

 

駅を出て、登戸小学校(下の写真左手)の先を左に折れる。

f:id:naokichivla:20200414180701j:plain

 

登渡(とわたり)神社に向かう坂道を下りて行くのだが、その時に、正面に見えるのが、千葉銀行本店だった。田舎者の高校生は、立派なビルだなあ、と感嘆しながら、会合の場所に向かうのだった。

(当時、木更津には大きなビルはなかった。おぼろげな記憶だが、富士見通りの十字屋(デパート)のビルが、一番高かっただろうか。5階建てか6階建てだったと思う。田舎者の高校生には、この千葉銀行のビルは、大変なインパクトだった)

 

この写真、正面にマンションのようなものが建っているが、当時はこれがなく、そこに千葉銀行本店が見えたのだ。

(実は、今日、当時見た眺めを写真に収めておこうと、ここに行ったのだが、今はもう見えなくなってしまっていることを、初めて知った)

f:id:naokichivla:20200414181046j:plain

 

登渡神社。

f:id:naokichivla:20200414181537j:plain

 

国道357号線をまたぐ歩道橋から見た、千葉銀行本店。

その右手、国道から見ると現本店の裏手にあたるところに、新しいビルが建築中である。

現本店の左が、千葉市役所。

f:id:naokichivla:20200414181647j:plain

f:id:naokichivla:20200414181705j:plain

 

この本店には、妻の父母が勤めていた。高校の時には、単に立派なビルとの印象を持っただけだが、今は、それよりもずっと大切な意味がある。

18年前、妻の父が亡くなった時は、物言わなくなった父を乗せた車で、この本店の前を通り、少しの間、停車した。

 

これは、千葉都市モノレールの車窓から見たところ。

上の写真とは逆の、南側からの撮影となる。

新しいビルが、今の本店よりもずっと大きいことがよくわかる。

f:id:naokichivla:20200414182439j:plain

 

右手、白い建物が千葉市役所。

f:id:naokichivla:20200414182621j:plain

 

いずれ、新しいビルが竣工し、新本店として開業すれば、現在の本店ビルは、解体されてしまうのだろうか。

 

そうであれば、その前に一度、妻の母を連れて来たい。

 

(付 記)

在宅勤務の状況下、通勤がなくなった分、歩かなくなったため、運動不足の抑制のために、日中、ウォーキングをするようにしている。これは不要不急の外出ではないと考えており、極力、人に近づかないように歩いている。

この記事の場所には、その過程で行った。