naokichiオムニバス

65歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

プレミアムシンフォニックコンサート~花總まり・女王たちの物語~

12日(土)、古澤(巌)さんが出演する演奏会に行ってきた。

 

新聞広告を目にした妻の希望でチケットを買い求めたものだ。

 

●プレミアムシンフォニックコンサート~花總まり・女王たちの物語~

日 時 2020年12月12日(土) 16:15開場 17:00開演
会 場 Bunkamuraオーチャードホール
出 演 歌、語り 花總 まり
    ヴァイオリン 古澤 巌
    ピアノ 塩谷 哲
    テノール 城 宏憲
    指 揮 角田 鋼亮
    管弦楽 新日本フィルハーモニー交響楽団

 

日本橋丸善、銀座の伊東屋に寄ってから、銀座線で渋谷へ。

 

リニューアル後の渋谷駅に下り立つのは初めてだ。

f:id:naokichivla:20201213184751j:plain

 

この新しい渋谷駅からオーチャードホールへ行く道筋がわからず、案内表示を見ながらずいぶん歩いた末にやっとたどりつく。後に、半蔵門線田園都市線の渋谷駅改札の方が近いことがわかった。

 

コロナ禍の下、チケット半券に名前と電話番号を記入、検温を受けて入場。

 

我々の席は1階27列5番・7番。1席置きに間隔がある。
(コロナでクロークがクローズされているので、空いた席にコートとか荷物が置けて便利ではある)

 

入場時にプログラムをもらうことがなく、売っているふうでもなかったが、座る席には白い紙袋が置かれていて、中にプログラムが入っていた。紙袋には、花總まりさんが広告に出ているRISOUという会社の化粧品が入っていた。お土産ということらしい。

 

こちらがそのプログラム。

f:id:naokichivla:20201213184918j:plain

f:id:naokichivla:20201213184943j:plain

f:id:naokichivla:20201213185009j:plain


ステージ上のオケの譜面台には譜面灯が付いている。途中で照明が落ちたりするので必要だったようだ。

 

演奏会は、花總さんのMCで進行した。

 

額田王トゥーランドット、レディ・ベス、エカテリーナ二世マリー・アントワネットエリザベートと、各国の女王の物語を綴っていく内容だった。

 

花總さんが歌ったのは思いのほか少なく、12、17、22、24曲目の4曲。他はMCのみ。

 

古澤さんが弾いたのはずっと多く、1、10、11、12、14、15、16、17、18、19、22、23、24曲目。PAは使わない生音だったので、オケや歌に消されがちなところもあった。

 

14曲目、チャイコフスキーのコンチェルトは、後半カットがあったものの原曲での演奏。古澤さんのヴァイオリンは、純クラシックの音色ではない。フィドル的な表情だった。

 

15曲目、サン=サーンスは鮮やか。

 

しかし何と言ってもよかったのは、19曲目のチャルダッシュだった。この曲は、これまでにも古澤さんのヴァイオリンで何度か聴いているが、今回が一番。オケ相手ということもあってか、存分にやりきったという感じの鮮やかさだった。

 

エピローグとして置かれた最後の24曲目、クリスマスメドレーは、それまでの各女王の悲劇の物語の後には、いささかとってつけた感じを受けたが、演奏は見事。

 

定番のクリスマスソングが続いた後、最後を締めたのがジョン・レノンの「Happy Xmas(War Is Over)」。没後40年ということでの選曲だっただろうか。

 

こういうタイプの演奏会は日頃聴くことがないが、大いに楽しんだ。

 

終演後は、東京駅まで戻って、鍛冶橋通りの北海道八重洲店に行った。

f:id:naokichivla:20201213185228j:plain

 

<追 記> 2021.1.29

新日本フィルTwitterに当日のダイジェスト映像が載ったので転載。

youtu.be