naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

中尾ミエさんと北の富士さんのいいお話

ネットで見つけた北の富士さんの話題をもう1つ。

 

今日7日(月)、「日刊ゲンダイDIGITAL」に載った、中尾ミエさんの「私の秘蔵写真」という記事である。

 

中尾さんは、人と会って意気投合すると、「何年後かにまた会いましょう」という誓約書を書いてもらうのが趣味なのだそうだ。「何年後」は、長いほどよく、10年後とかの設定。「だって、その間、ずっと思いがつながっているでしょ」。

 

そんな誓約書を交わした一人が北の富士さん。あるパーティーで会って、中尾さんから声をかけ、「何年後かにお会いしませんか」と持ちかけたそうだ。中尾さんが65歳になった時に、と決まり、「竹澤勝昭」名、拇印を捺した誓約書を書いてもらったとのこと。

 

それ以後、北の富士さんの連絡先もわからないまま時間が経過し、中尾さんがその65歳になった時、仕事で旭川に行く機会ができた。旭川では北の富士さんの弟さんがちゃんこの店を経営していることを知り、店に連絡先を聞いて久方ぶりに電話してみると、ちょうどその時に北の富士さんはゴルフのコンペで旭川に来ていたのだと言う。

 

例の誓約書の話をすると、北の富士さんも覚えており、弟さんの店で急遽宴会を開くことになった。中尾さん側は仕事のスタッフを入れて30人、北の富士さん側はゴルフのメンバー20人の大宴会となったそうだ。

 

たまたま同じ時期に旭川に居合わせたという偶然。

 

「私の秘蔵写真」として、その宴会の時の写真が2枚載っている。誓約書を持った2人の写真と、向かい合って股割りをしている写真。ほほえましい。

 

中尾さんの趣味というこの再会誓約書、実現したのは北の富士さんだけなのだそうだ。

 

いい話だなあ、と思った。

 

記事そのものも貼っておく。

 

news.yahoo.co.jp