naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

オケ練日誌~本番指揮者の初練習

日 時 : 2022年1月23日(日) 13:30~17:00
場 所 : 美浜中学校武道場
指 導 : 本番指揮者N先生
内 容 : 合奏
曲 目 : 悲劇的序曲、ドッペルコンチェルト(1~3楽章)、新世界(1~4楽章)
弦人数 : 8・4・4・6・4
弓の毛 : 2本(悲劇的、新世界4楽章)

 

23日の合奏は、今季初めて本番指揮者N先生の指導。

 

N先生には、2020年12月の定期演奏会を振っていただいている。本来その時には、ブラームスの「悲劇的序曲」、ドッペルコンチェルト、ドヴォルザークの「新世界」を演奏する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で長期間練習ができなかったため、今年の6月に延期し、代わりに、希望者のみで別の曲目を指揮していただいたのだった。

 

その後、練習をつけていただいたことがあるかもしれないが、私はお目にかかるのはあの定期演奏会以来だと思う。

 

曲順に、まず「悲劇的序曲」から。通した後に前半部分を返し練習した。やはり本番指揮者なので、ここはこういうふうにします、というお話がいくつもあった。

 

休憩の後、ドッペルコンチェルト。

1楽章から3楽章まで通した後、1楽章に戻って少し返した。

 

f:id:naokichivla:20220123191513j:plain

再度休憩の後、「新世界」。

これも1楽章から4楽章まで通してからの返し練習。

1楽章、提示部。2楽章、練習番号2から5に入ったところまで。

3楽章、主部。

 

ここまでで時間切れとなった。

来週もN先生の合奏なので、また来週細かくやります、とのことだった。

本番指揮者の練習にはなるべく出なければ。

 

※練習往復に聴いた音楽

    ブラームス ヴァイオリン協奏曲

       オイストラフ=セル=クリーヴランド

    ブラームス ドッペルコンチェルト

       スターン、ヨーヨー・マアバド=シカゴ響

    ブラームス ドイツ・レクイエム

       コルボ=デンマーク放送響

    ベートーヴェン 田園

       スウィトナーシュターツカペレ・ベルリン