naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

献血データの保存にびっくり

イメージ 1

先月25日(金)、会社に献血車が来て、社会貢献活動として献血をした。

実は、個人的には、日頃献血に協力することは、していない。

今回献血する時に、「直前に献血したのはいつですか」と聞かれ、「さあ・・・。もう何年も前ですね」などと答えた。

その後、献血した血液の検査結果が郵送されてきた。

それを見たら、前回の献血が、平成7年(95年)10月9日だったようで、その時の検査結果も印字されていた。

これにはびっくりした。

全国で、一体何人くらいの人が献血しているのか、見当もつかないが、私のように、14年も前に献血したきりの者のデータまでもが、こうやって保存されているというのは、ちょっとした驚きだった。

これ、東京都赤十字血液センターとしてのデータ管理なんだろうか。
この他に、例えば千葉で献血したとすると、そのデータは別に保存されるのかな。

尚、今回の検査結果では、標準値からはずれた項目は一つもなかった。

一応、私の献血は、使い物になったということかな。