naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

宇奈月オペラ「コシ・ファン・トゥッテ」本番終了

f:id:naokichivla:20190929091050j:plain

フライヤー。背景に写っているのは、モーツァルトの家なのだそうだ。

 

●湯の街ふれあい音楽祭 モーツァルト宇奈月 オープニングオペラシリーズⅣ

日 時 2019年9月14日(土) 15:00開演
会 場 宇奈月国際会館セレネ 4階大ホール
指 揮 横島 勝人
管弦楽 モーツァルトオーケストラSelene
合 唱 モーツァルトコーアSelene
語 り 野畑 真寿美
曲 目 モーツァルト 歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」ハイライト


こちらは、プログラム冊子から。

f:id:naokichivla:20190929091208j:plain

f:id:naokichivla:20190929091224j:plain

f:id:naokichivla:20190929091239j:plain


本番は、アメリカンスタイルで入場。来聴した妻たちが、客席に見えた。

 

今回のシフトは、2プルトの表。松本モーツァルト・オーケストラでお会いする、Tさんと組んだ。ヴィオラは本来5人の予定だったところ、Kさんの負傷欠場という直前のアクシデントで、4人となってしまった。

 

本番は、特に緊張することはなく、一所懸命弾いたが、やはりオペラは長い。前日リハーサルからかれこれ3回目となるわけだが、2幕に入って、ちょっと心身の疲れが出てきて、集中力がなくなっているのがわかった。気を取り直してがんばった。

 

しんどい思いをしながら演奏しても、終わってしまうと、さみしい気がして、また弾きたくなる。勝手なものだ。

 

マウントあさま流儀で、このオケでも、カーテンコールの後、周囲のメンバーと握手。

 

17時半過ぎ終演。

 

2016年から始まった、このオープニングオペラシリーズ。「ドン・ジョヴァンニ」、「フィガロの結婚」、「魔笛」、そして今回の「コシ・ファン・トゥッテ」で、予定の演目を一巡した。

 

作曲順でなく、「コシ」を最後にしたのは、この曲が一番難しいからだと、横島先生に当初から聞いていた。

 

2020年は、最初に戻って「ドン・ジョヴァンニ」を演奏するそうだ。可能なら、2巡目にも引き続き参加していきたい。

 

※Facebook上に紹介された公演の模様
    宇奈月モーツァルト音楽祭実行委員会
       <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fmozart.fes.unazuki%2Fposts%2F2363200290430028&width=500" width="500" height="491" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowTransparency="true" allow="encrypted-media"></iframe>
    <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fmozart.fes.unazuki%2Fposts%2F2363199790430078&width=500" width="500" height="529" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowTransparency="true" allow="encrypted-media"></iframe>