naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

通勤がないと

昨22日(水)は、会議のため、A社(西新宿)に出社した。13日(月)以来のことだ。

 

在宅勤務が長くなってきたせいか、久しぶりに千葉から東京まで行って帰ってきただけで、出社しての仕事が格別ハードだったわけではないのに、くたびれてしまった(笑)。

 

そのため、けさは、いつも起きる時間に起きられなかった。

 

でも、だからと言って、在宅勤務の始業時に間に合わないわけではない。

 

通勤がないっていいなあ。

 

「めざましじゃんけん」は、いつもだと、出がけの6時前の1回しかできないけど、今は複数回できるので、懸賞応募できる100点に到達するようになった。

朝ドラ「エール」も、毎朝観られるし。

 

一方、通勤がないと、生活パターンが狂う面もある。

 

つまり、通勤の往復で何をしているか、ということなのだが。

 

往復とも、ウォークマンで音楽を聴いているが、それがなくなった。

 

私の場合、自宅で音楽を鳴らせるまともな装備がない。ステレオはもちろん、ラジカセも。能動的に音楽を聴くとすれば、ウォークマンくらいしかないのだ(受け身のテレビやラジオは別)。まあ、PCはあるけど。

 

ということで、今は、せいぜい、30分程度のウォーキングに出かける時にウォークマンを持って行く程度。

 

音楽鑑賞が減った。

 

それから、新聞や本を読む行為。

 

これまで電車の中で読んでいた、日本経済新聞スポニチレコ芸などの雑誌、ビッグコミックなどのマンガ、すべて家の中で読むことになった。

 

これも大きい変化だ。

 

通勤がないのは、本当に楽だし、生活全体の時間に余裕ができるが、生活パターンの変化には、まだ順応しきれていない。

 

今週の在宅勤務もあと1日。