naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

長崎旅行<3> 3/22(日) 外海観光

3月22日(日)。前日と違って、雨の朝。

f:id:naokichivla:20200426183916j:plain

f:id:naokichivla:20200426183943j:plain

f:id:naokichivla:20200426184003j:plain

 

ホテル内の和食の店で朝食。

 

入口のメニュー。

f:id:naokichivla:20200426184135j:plain

 

「お子様セット」を見るともなく見て、ミルクボーイの2人の顔が、瞬時に頭に浮かんだ。すごいな、ミルクボーイ。

f:id:naokichivla:20200426184204j:plain


朝食後、外海(そとめ)方面へ出かけた。

 

2013年から2014年の年末年始に長崎に来た際に、その外海方面には観光している。いくつかの教会を訪ねた。

その時に立ち寄った、遠藤周作文学館が、年末年始のために休館しており、またの機会に、と宿題になっていた。今回の外海観光は、ここへ行くのが目的である。

 

遠藤周作文学館に到着。

海が望める。曇り空なのが残念。

f:id:naokichivla:20200426184624j:plain

f:id:naokichivla:20200426184642j:plain

f:id:naokichivla:20200426184659j:plain

 

こちらは、併設されている、「思索空間アンシャンテ」。

f:id:naokichivla:20200426184755j:plain

f:id:naokichivla:20200426184856j:plain

f:id:naokichivla:20200426184917j:plain

 

まず、ここに入ってみた。入場無料である。

f:id:naokichivla:20200426184946j:plain

f:id:naokichivla:20200426185010j:plain

f:id:naokichivla:20200426185040j:plain

f:id:naokichivla:20200426185056j:plain

f:id:naokichivla:20200426185128j:plain

f:id:naokichivla:20200426185213j:plain

f:id:naokichivla:20200426185232j:plain


遠藤周作が好きだった海の景色を眺めながら、様々に思いをめぐらすための場所、とのことだ。

確かに、天気のいい日に、ここの椅子に座って、何時間か、海を見ながら過ごしたら、素敵だろうと思える、そんな空間だ。

夕陽がきれいな時に、さだ(まさし)さんの「黄昏迄」を聴いてみたい。

 

メインの、文学館に入る。

 

不勉強にして、遠藤周作の作品は一つも読んだことがない。展示物を見ながら、彼の人生がどういうものであったか、少しわかった気がした。ショップで、著書を何冊か購入した。

 

近くにある「道の駅夕陽が丘そとめ」と、「がんばランド」に立ち寄って買物。
(「がんばランド」は、「がんばらんば」から来てるのかな)

f:id:naokichivla:20200426185413j:plain

f:id:naokichivla:20200426185431j:plain

f:id:naokichivla:20200426185454j:plain

f:id:naokichivla:20200426185513j:plain

 

※関係ないけど、「がんばらんば」@さだまさし       

youtu.be

 

ホテルに戻って、ゴルフ場クラブハウスで昼食。

 

長崎の郷土料理、ハトシ。

f:id:naokichivla:20200426185721j:plain

 

イカメンチ。

f:id:naokichivla:20200426185738j:plain


以後、前日同様、部屋で相撲、そして館内の和食の店で夕食、と過ごした。