naokichiオムニバス

65歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

京都・滋賀旅行~11月7日(土) 近江今津へ

11月7日(土)、朝。部屋から京都駅のホームが見える。

f:id:naokichivla:20210102171715j:plain

f:id:naokichivla:20210102171738j:plain

 

前夜、四条河原町ファミリーマートで買ってきたもので朝食。

 

今回の旅行は、本来滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールでの演奏会に行くのが目的の1つだった。

 

演奏会が中止になったものの、せっかくなので、これまで旅行したことがない琵琶湖方面に行ってみようと相談。

 

11月7日(土)、湖西線に乗って、琵琶湖周航の歌資料館がある近江今津というところまで行くことにした。妻提案のプランである。

 

8:41京都発の湖西線近江今津行きに乗車。

f:id:naokichivla:20210102171836j:plain

 

この日は終始曇り空。

車窓から琵琶湖が見えてきたが、誠にあいにくな眺めだった。これは残念。

f:id:naokichivla:20210102171910j:plain

 

進行方向左側に比叡山延暦寺にはいずれ行ってみたい。

f:id:naokichivla:20210102172011j:plain

 

右側の琵琶湖。青空と湖面のコントラストを想像するが、眼前はただ白いだけだ。

f:id:naokichivla:20210102172103j:plain

f:id:naokichivla:20210102172125j:plain

 

近江舞子駅でしばらく停車した。ホームからの眺めは幻想的。これはこの天気でないと見られなかった。

f:id:naokichivla:20210102172159j:plain

 

9:52近江今津駅着。

f:id:naokichivla:20210102172607j:plain

f:id:naokichivla:20210102172628j:plain

 

この湖西線、駅間がずいぶん短いように感じた。後で調べてみたところ、近江今津は京都から17駅目だが、その内14駅がことごとく駅間3分、3駅だけが5分だった。

 

改札を出る。近く加藤登紀子がコンサート。

f:id:naokichivla:20210102172717j:plain

f:id:naokichivla:20210102172739j:plain

 

もらったマップを見ながらまず「琵琶湖周航の歌資料館」へ。

f:id:naokichivla:20210102172907j:plain

f:id:naokichivla:20210102173151j:plain

f:id:naokichivla:20210102173131j:plain

f:id:naokichivla:20210102173231j:plain

f:id:naokichivla:20210102173257j:plain

f:id:naokichivla:20210102173508j:plain

 

琵琶湖周航の歌資料館。

f:id:naokichivla:20210102173617j:plain

f:id:naokichivla:20210102173641j:plain

f:id:naokichivla:20210102173711j:plain


私が「琵琶湖周航の歌」を知ったのは、加藤登紀子の歌でだった。1971年、「知床旅情」に続くシングルとしてリリースされている。

 

f:id:naokichivla:20210102173741j:plain

 

展示室は1つだけでそう広くもなかったが、この歌を色々知ることができる見応えのある展示だった。

 

表に出て、右方向に歩いて行く。

f:id:naokichivla:20210102173836j:plain

 

次に行くのは、今津ヴォーリズ資料館である。

天気を心配したが、幸い雨には降られずに済んだ。

京都と違って人がほとんどいない静かな今津の街を歩くのは気持ちが落ち着く。旅行先でこういう経験をすることは少ない。

 

今津ヴォーリズ資料館。

f:id:naokichivla:20210102174006j:plain

f:id:naokichivla:20210102174026j:plain

f:id:naokichivla:20210102174053j:plain

f:id:naokichivla:20210102174115j:plain

 

ウィリアム・メレル・ヴォーリズという人については知らなかったが、明治時代にキリスト教伝道のためにアメリカから滋賀県にやってきて、後にヴォーリズ建築事務所を開いて建築設計を手がけたそうだ。また、メンソレータムの輸入販売事業を行った人でもあるとのこと。

 

f:id:naokichivla:20210102174309j:plain

f:id:naokichivla:20210102174331j:plain

 

壁に貼られた展示資料に、ヴォーリズの設計した建築物が紹介されていたが、前夜食事をした京都の東華菜館があってびっくり。以前から、風格のある建物だと思っていたが、設計した人に、この今津でめぐり会えるとは。

 

   東華菜館の写真を昼間撮った記事
   京都旅行 4月6日(金)<17> 東華菜館
      https://naokichivla.hatenablog.com/entry/66035867
     
この資料館がある通りは、「今津ヴォーリズ通り」と言う。資料館を出て、通りの並びにある、日本基督教団今津教会と旧今津郵便局をまわって歩く。いずれもヴォーリズ建築なのだそうだ。

f:id:naokichivla:20210102174504j:plain


今津教会。

f:id:naokichivla:20210102174551j:plain

f:id:naokichivla:20210102174613j:plain

f:id:naokichivla:20210102174635j:plain

 

旧今津郵便局。

中に入ると昔の郵便局の様子がそのまま残っており、興味深かった。

f:id:naokichivla:20210102174741j:plain

f:id:naokichivla:20210102174802j:plain

f:id:naokichivla:20210102174822j:plain

 

レトロな通りを歩き、レトロな建物を見るのは、とてもしみじみした気持ちになる。

f:id:naokichivla:20210102174942j:plain

f:id:naokichivla:20210102175003j:plain

 

今津ヴォーリズ通りから湖西線の線路をくぐり、左に折れて駅の方へ戻る。

f:id:naokichivla:20210102175058j:plain

 

今津での昼食には鰻を食べることにしていた。めざすは西友本店。

「せいゆう」ではなく、「にしとも」。今津の名店である。

f:id:naokichivla:20210102175133j:plain

f:id:naokichivla:20210102175201j:plain

f:id:naokichivla:20210102175226j:plain

f:id:naokichivla:20210102175255j:plain

 

どんな店内だろうと思って入ったが、空間は広々としていてテーブル間隔もある。よかった。

 

鮎の佃煮。

f:id:naokichivla:20210102175357j:plain

 

鯉の洗い。

f:id:naokichivla:20210102175426j:plain

 

うな重

f:id:naokichivla:20210102175450j:plain

 

   近江今津西友Webサイト

      http://www.nishitomo.co.jp/


近江今津駅に戻る。

癒される時間だった。いつかまたこの街を歩くことがあるだろうか。

f:id:naokichivla:20210102180133j:plain

 

近江今津駅。出た時とは反対の西側から入る。

f:id:naokichivla:20210102180157j:plain

f:id:naokichivla:20210102180317j:plain


12:26の湖西線に乗って京都に戻った。

f:id:naokichivla:20210102180408j:plain

 

帰りは左側に琵琶湖。相変わらずまっ白。

f:id:naokichivla:20210102180451j:plain

 

翌日は午後に帰京だが、午前中、どこか紅葉スポットに行くことにしていた。

ホテルに戻って、コンシェルジュに紅葉を見るとすればどこがいいか尋ねる。紅葉にはまだ早い時期なのだそうだが、神護寺金戒光明寺を教えてくれた。