naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

ワクチン接種1回目終了

昨10日(木)、大手町の「自衛隊東京大規模接種センター」へ、ワクチン接種に行ってきた。

 

予約は17:30。昨日はA社(西新宿)出社だったが、早退させてもらい、丸ノ内線で東京駅に向かった。

 

万一副反応が出て具合が悪くなるといけないからと、妻が同行。東京駅丸の内南口付近で落ち合った。

 

接種センターへは、はとバスの乗り場から無料の送迎バスが出ている。乗り場へ向かった。

f:id:naokichivla:20210611084124j:plain

 

来たバスは、はとバスの車両。接種を終えた人たちが下りてくる。

「痛かった? 痛かった?」と聞きたくなる(笑)(昔、嘉門達夫(現タツオ)のネタにあったなあ)。

f:id:naokichivla:20210611084151j:plain

 

20人くらいを乗せて、すぐ出発した。

f:id:naokichivla:20210611084324j:plain

 

皇居の前を通って、大手町の合同庁舎3号館へ。

f:id:naokichivla:20210611084511j:plain

 

10分ちょっとで到着。バスを下りる。ここから受付場所までは結構歩いた。もっと近い降車場所がないのだろう。この茶色の建物が接種会場だが、受付場所はこの写真で言うと真裏側になる。

f:id:naokichivla:20210611084626j:plain

 

これがその真裏側。

f:id:naokichivla:20210611084759j:plain

f:id:naokichivla:20210611084834j:plain

f:id:naokichivla:20210611084853j:plain

f:id:naokichivla:20210611084912j:plain

 

左2つのレーンが予約済みの人の受付。右の行列は当日受付の人たち。

受付ではまず手指の消毒。手指消毒は、この後、館内で部屋を移動するたびに求められた。それから、付き添いの妻を含めて検温。私は36.3℃だった。いつもこんなものだ。

妻は「付添」と書かれたカードを受け取って、首からぶら下げた。

 

以後は、係の人の案内に従って動く。

 

受付では、持って来た予診票などの書類を黄色のクリアファイルに入れてもらい、以後はそれを持って歩く。来場者は赤、青、黄、緑のグループに分けられ、持っているクリアファイルの色で区別される。館内での動線は、床にそれぞれの色の矢印表示がしてあって、それに従う。とにかく、至る所に案内の係員がいて、黄色の方はこちらです、あそこに行って下さい、と迷うすきを与えない。接種会場は4階だったが、4階に上がるエレベーターも色によって分かれている。

 

4階に上がり、まず予診票の確認。現在病気治療をしているか、今日具合が悪いところはあるか、アレルギーを起こしたことはあるかなど、予め記入してきた質問事項を改めて口頭で確認される。

 

次は予診。医師の問診を受ける。同じく質問事項を再度確認される。さっき言ったのに、と思いつつもこれが決まりなのだろう。予防接種で具合が悪くなったことはありますか、と聞かれ、ないです、と答える。それを聞いて、医師は手元の用紙に書いてある、接種後の待機時間の欄、「15分」「30分」の内、「15分」にチェックをつけた。短時間待機で大丈夫との判断のようだ。

 

いよいよ接種。

ここでも予診票の質問事項がいくつか繰り返された。

決まり文句、「ちょっとチクッとしますよ」。

確かにチクッとした(笑)。でも、新型コロナウイルスのワクチンだから特別なことはなかった。インフルエンザの予防接種などと一緒だ。

「17:41」と書かれた紙を受け取る。この時刻まで待機しなさい、ということだ。私の場合、これが15分。

 

最後に、2回目の予約をする。事前に得ていた情報では、この接種センターでは、2回目は5週間後。先日、妻の母がかかりつけ医で接種してもらったが、2回目は3週間後だった。

7月12日の週で、いつ来られるかという話になる。手元の手帳を見ながら、自由が効く12日(月)でお願いした。17:00を指定された。

 

近くの待機場所に座って、時間を待つ。

 

表に出たのは17:46。受付での検温時刻の印字が17:03だったから、45分もかからすにすべてが終わったことになる。

途中、「待たされた」と感じる場面は皆無。数人単位で次のコーナーへ案内されて座っても、すぐに呼ばれて動き、席が温まることはなかった。

ワクチン接種が始まった頃、報道などでは、接種前の予診の過程で渋滞が生じたとされていたが、この大規模接種センターの場合は、各プロセスの窓口が充分な数だけ用意されており、実にスムーズだった。

 

全体の処理システムがよくできているということだ。そして、案内の係も含め、従事しているスタッフの数が尋常でない。すべてにわたっての手際のよさは、さすが日頃訓練されている自衛隊、と感服した。

(一方、これだけの自衛官がここに集中している時に、もし災害やテロが起きたら、と思ったりもした)

 

表に出てから、バス乗り場に行くまで、また少々歩いた。ここがいささかの難。

東西線竹橋の駅からだと、受付場所に近い。これが一番いいかもしれない。

 

丸の内に戻った。夕陽傾く皇居方面。丸善に立ち寄り、東京駅で買物をして帰った。

f:id:naokichivla:20210611091920j:plain

 

接種後、帰途は何もなかったが、帰宅後、左腕の接種箇所が痛むようになった。

昨年、インフルエンザの予防接種を受けた時も、1週間くらい同様の症状が続いたので、そのことは予診票に記入しておいた。予診票確認の時に「今日も同じことはありますよ」と言われていたので、まあ想定内。インフルの時より痛みは強いが。

発熱や頭痛などはない。

 

※過去の関連記事

    ワクチン接種券届きました
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/2021/04/19/160002
    ワクチン接種1回目予約
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/2021/06/07/152755