naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

KAZUMASA ODA TOUR 2008 最終公演 京セラドーム大阪 1

イメージ 1

いい席!

小田(和正)さんの、3年ぶりのツアー、追加公演の、最終公演。

地下鉄長堀鶴見緑地線ドーム前千代崎駅から、10分ほど歩くと、京セラドーム大阪。

感覚としては、水道橋から東京ドーム、竹橋から武道館と同じくらいだ。

京セラドームは初めて。ライブだけでなく、野球を観たこともない。

グッズ売場に行ってみるが、さすがに最終公演だからか、先月の東京ドームに比べると格段に混んでいる。

ネット通販もあるので、断念して入場。

今回の席は、「3塁下段 13通路 10列 30番・31番」

これはいい席だった!

最高の席と言っていい。

バックスクリーン前がステージ、グラウンドがアリーナ席になっているが、それを正面から見る、バックネット裏のポジションだ。

3塁とあるが、まさにバックネット裏。若干3塁寄り、という席だ。

シートに、「エグゼクティブシート」のシールが貼ってある。
野球観戦の場合は、そういう位置づけで売られている席なのだ。

10列目というのもちょうどいい。
もっと前だと、ネットが邪魔になる。

テレビの野球中継で、京セラドーム大阪の様子は何度か見たことがある。

画面を通じて見たところでは、東京ドームなどと比べると、スタンド席のフロアが傾斜して重なっているというよりは、欧米のオペラハウスのように、縦に重なっている印象を持っていたのだが、実際来てみても、そんな感じを受けた。

開演前、場内に流れている音楽が、ビートルズ

「ハローグッバイ」、「ペニーレイン」・・・。

これは、今回のツアーでも、今日が初めてだと思う。

何故、ビートルズであることに騒ぐかというと、5人のオフコースの時代、ライブの開演前には、必ずビートルズを流していたからだ。

あの「over」のツアー、82年の武道館もそうだった。
ラジオで放送された、82年6月30日の最終日の公演の模様、放送冒頭に流れた「ストロベリー・フィールズ」は、忘れられない。