naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

7月場所10日目~4人が1敗で並ぶ

栃煌山が、連日、結びの一番で横綱に勝ち、自らも1敗で優勝争いのトップに並んだ。
その白鵬との一番は、栃煌山が、力や巧さで横綱を上回ったという内容ではなかった。
立ち会い一合して、すぐの引き技が、タイミングよく決まった、という相撲。
栃煌山の勝因を挙げるなら、あくまで結果としてタイミングのよい流れになった点。
一方、白鵬の敗因は、今場所、基本的に相撲内容が今一つで、厳しさのある相撲がとれていないことが出たことにあると言える。
この一番については、立ち会い、すばやく手がかかった左前まわしが、しっかりとれなかったこと。そして、右足が遅れたことが、栃煌山のはたきを食った原因だ。

その前の一番、鶴竜宝富士戦は、休場明けながら、内容的には白鵬を上回るものを見せてきた鶴竜が、ちょっと疲れてきたかな、という内容だったのが、気になった。
自分の土俵に押し込まれる場面があったのと、今場所初めて、悪癖のはたきが出た点に、鶴竜の疲れを懸念した。
ここは踏ん張って、千秋楽まで1敗を守って行ってほしいところだ。

大関照ノ富士は、魁聖に万全の取り口。
立ち会い、これ以上はない形ですばやく左前まわしをとり、相手に上手を与えない万全の体勢から、豪快な上手投げで決めた。
私は、照ノ富士については、先場所後の大関昇進に異を唱えたが、新大関としての今場所は、引き続き強さを感じさせる、いい相撲をとっていることに、喜んでいる。

白鵬鶴竜照ノ富士栃煌山が9勝1敗で並んで、終盤戦に入る。横綱2人、大関1人、関脇1人。番付上位者での並走は、展開としては望ましい。

欲を言えば、負傷前よりも強さを増したように感じられる遠藤が、せめて2敗で追ってくれていたら、と思う。内容がいい割には、1つ、2つ、星を落とし過ぎた。

明日は、白鵬照ノ富士鶴竜琴奨菊豪栄道栃煌山の対戦が組まれている。

白鵬照ノ富士は、今場所の内容を比べた場合、照ノ富士に分があると予想する。白鵬が、相当に引き締めた相撲をとらないと、今の照ノ富士に五分以上の勝負に持ち込むのは、簡単ではないと思う。
この一番で、今場所の優勝争いは、大きく変わってくるだろう。