naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

秋の定期演奏会の曲目決定

今日7日(日)は、ユニ響(津田沼ユニバーサル交響楽団)の本番のため、午前の運営委員会と午後の高弦分奏を欠席。

運営委員会には、パートからIさんに代理出席していただいた。

今日の運営委員会では、秋の定期演奏会のメイン曲を決めることになっていた。

候補曲は以下の通り。

  グラズノフ 4番
  シューベルト ザ・グレイト
  シューマン 4番
  ドヴォルザーク 7番
  ブラームス 1番、2番、4番
  ベートーヴェン 3番、4番、5番、6番、7番
  メンデルスゾーン 3番、5番

各パートから希望をとりまとめて持ち寄ることになっていた。

私は、ベートーヴェンの3番、4番、7番を希望した。

午前のリハーサルの間、どうなったかなあ、と思っていたら、昼休みにIさんから、パートのメーリングリストに結果が流れた。

シューマンの4番と、ベートーヴェンの3番の2曲プロに決まったとのこと。

そうか、「エロイカ」になったか!(嬉)

エロイカ」は、浦安では、2001年に演奏した。1994年にもとりあげているが、私はまだ入団していない。

ユニ響で2007年に演奏した時も参加させていただいたので、これまで2回弾いている。

やり甲斐のある「エロイカ」を、もう一度弾きたい、という気持ちが強かったので、今回、メインに決まったのは嬉しい。

今日は、メインだけ決める予定と聞いていたが、2曲プロで全部決まったんだ。

浦安では、2曲プロというのは、たぶん初めてだと思う。

シューマンの方は、以前に3番「ライン」を演奏したが、4番は初めてだ。こちらはまったく未知数。

3番は、刻みの嵐で、とても大変だった記憶がある。4番は、果たしてどうか。

秋のこの定期演奏会は、浦安オケ史上初、東京での開催となる。第一生命ホールだ。

会場、曲目とも楽しみだ。

それから、今日の運営委員会では、2017年の定期演奏会の指揮者が決まったそうだ。

その中で、秋の定期演奏会では、今日、ユニ響のポピュラーコンサートを振られた、小松拓人先生に指揮をお願いすることになった。

小松先生には、これまでトレーナーとして練習をみていただく機会が何度かあったが、本番の指揮者としておいでいただくのは、初めてだ。

これも大変楽しみなことだ。