naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

払底

A社(西新宿)のビルには、ドラッグストアがある。

 

出社時には、ペットボトルなどを買うことができて、なかなか便利である。

 

このドラッグストアも、ご多分に漏れず、かの新型コロナウイルスの推移に伴って、商品在庫の盛衰を見せてきた。

 

店頭に、「マスクの入荷予定はありません」との趣旨の紙が掲げられていたのに始まり、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの紙製品の棚が空になったこともあった。

 

そして、アルコール消毒液の類や、体温計も。

 

半年ほどを経て、都内の感染者数の状況はむしろ悪化している中、そうした商品については、普通に陳列されるようになった。

 

そんな昨今、少し前から、一つだけ、棚の空白が目につくようになった。

f:id:naokichivla:20200821221628j:plain


うがい薬のコーナーである。

 

例の、吉村大阪府知事の会見の影響だろうか。

 

あの会見の後は、うがい薬の効用を疑問視する論調がずいぶんあったように思うが、それでもいまだにこんな状態だ。

 

どうしたことだろう。

 

そもそも、この店で、うがい薬コーナーの空白に気づいたのは、吉村知事の会見よりも早かった。

 

何か別の形でうがい薬に関する情報が流布し、そんなことになったのだろうか。

 

よくわからない・・・。