naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

オケ練日誌~本番1週間前になってしまった・・・

イメージ 1

        新浦安駅前のダイエーは外装工事中。営業はしてます。
        今日、電波時計買いました。



日 時 : 2012年6月3日(日) 13:30~17:00
場 所 : 美浜公民館音楽室
指 導 : 本番指揮者Y先生
内 容 : 合奏
曲 目 : 皇帝円舞曲ロメジュリ、ブラ3(1~4楽章)、アンコール曲
弦人数 : 10・12・7・10・4
弓の毛 : 1本(ブラームス4楽章)

2010年の11月から練習してきた今回の曲目(震災による演奏会中止をはさんで再開)、通常の5割増しくらいの時間を費やしてきたが、早いもので来週がもう本番。

本番1週間前とあって、公民館の音楽室は、団員、エキストラさん多数参加でぎっしり満員。

でも、インペクT嬢のヴァイオリン弓が壊れた(あれ、人数多かったせいではないよね)ことを除けば、事故なく無事に練習は最後まで行われました。

今日は、曲順に全曲通し。その後、ブラームスのみ返し練習。

まず、J.シュトラウスⅡ「皇帝円舞曲」。
チャイコフスキーの「ロメオとジュリエット」。

休憩をはさんで、ブラームス3番。1楽章から4楽章。
アンコール曲。

Y先生からは、曲間、楽章間に、口頭での最低限の指示は出されたが、返しはなし。

そして、再度の休憩後、ブラームスのみ返し練習。

4楽章、2楽章、3楽章、1楽章。
Y先生がこだわる部分を、集中して練習した。

その部分については、だいぶレベルアップできたと思う。

個人的に、ちょっとここ数日、情緒不安定なところがあったのだが、今日の練習で思い切り楽器を弾いて、すっきりした。
正直、今日は練習に行くのに気が重かったのだが、出てよかった。

9日(土)のGPを残すのみだ。もうひとがんばり!

※練習往復に聴いた音楽
    ヴァレーズ チューニング・アップ、アイオニゼーション
       リンドン・ギー=ポーランド国立放送響
    グリンカ 「ルスランとリュドミュラ」序曲
    バーバー 弦楽のためのアダージョ
    ファリャ 「三角帽子」第2組曲
    ドビュッシー 牧神の午後への前奏曲
    バターワース 青柳の堤
    J.シュトラウスⅡ 皇帝円舞曲
       プレヴィン=ロンドン響
    尾崎紀世彦 THE BEST
    ベートーヴェン 運命
       プレヴィン=ロンドン響
    シベリウス 交響曲第7番
       ベルグルンド=ヨーロッパ室内管