naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

ブルゾンさんの安産を願う

毎朝の通勤は、原則として同じ時刻の電車に乗るので、決まって会う人の顔を覚えることがある。

 

昨年4月から、会社が変わって、今の通勤ルートになってからも、何人かそういう人ができた。

 

1回目の乗り換え駅で、ホームから階段を下りて行くと、前方の階段から下りてくる、30代前半くらいのカップルがいる。

 

階段を下りて、改札へ向かう時、そのカップルは、私の少し前を歩いている。

 

女性の方の後ろ姿、髪型がブルゾンちえみのようなので、このカップルを覚えてからは、朝、見かけると、「あ、今日もブルゾン、いた」と心の中でつぶやくようになった。

 

改札を出ると、決まって、女性の方が、男性に手を伸ばす形で、手をつなぐのに気がついた。

 

歳の頃から見て、新婚さんなのかな、などと思って、微笑ましく眺める私。

 

彼らも私も、乗り換え駅が一緒だ。2人は乗り換え改札をくぐり、私も後に続く。

 

2人が仲良く向かうホームと、私が使うホームは別なので、そこでお別れだ。

 

社内結婚で、同じ会社に行くんだろうか。それとも別の会社なのかな。とにかく、今日も元気で仲よく過ごしてね、と心の中でつぶやきつつ、自分の電車に乗るのだった。

 

今年に入ってからだったか、ある朝、例によって私の前を歩く彼女のリュックに、マタニティマークがぶら下がっているのが、目に止まった。

 

そうか、新婚さんだもの(かどうかは勝手に推測しているだけだが)、おめでたかあ。

 

よかったねえ、と、ご本人たちのあずかり知らぬところで、祝意を送った。

 

その後、4月からの在宅勤務生活で、このカップルとは会うこともなかったのだが、今週から通常勤務になり、電車通勤が戻ってきた。

 

彼女がいない。

 

彼氏だけが、前方の階段を下りてくる。

 

そうか、彼女はもう産休に入ったのか。

 

もうしばらくは、仲良く手をつなぐ2人を見ることはないんだろうな、と思った。

 

ブルゾンさん(じゃないけど)、どうぞご無事に出産されますように。