naokichiオムニバス

69歳、ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

四万十の鰹を食べそこねた

昨24日(月)は、東京に出かけた。

N社(京橋)本社に行くためだ。OB会の幹事を務めているが、年1回の総会が来週、7月4日(木)に行われるので、その事前打合せが目的。

今年から私が総会及びその後の懇親会の司会を務めることになっているので、前任のM氏とN社を訪問し、人事部の担当2人とあれこれ打合せをした。

 

14時からの打合せに先立って、どこかで昼食をとっていくことを決めていた。

かつて通っていた色々な店の中から、土佐料理の店、四万十で鰹のたたきを食べよう、と思い、京葉線八丁堀駅を下りて、桜橋の交差点方向に向かった。

あったあった、四万十、と近づいていくと、店頭のランチ表示をかたづける店員の姿が。

え? ランチ終わり? と見ていると、「営業中」の木札もかたづけられてしまった。

 

この店のランチ営業は13:00までなのだった。

店に着いたのが12:52。

既に遅かったということなんだ。

 

思えば、八丁堀への上り快速は、新木場を出たところでしばらく止まった。前を行く電車が潮見駅で乗客の急病介護が発生したことで止まったものだった。

この影響で、八丁堀駅着が、定刻12:30のところ10分遅れたのだが、結果としてこの10分が響いたな。

それにしてもランチを13:30くらいまでやってくれればいいのに・・・。

 

気持ちを切り替えて、候補の1つだった生駒軒に向かった。

こちらは13時を過ぎてもまだランチ営業中。ピーク時間帯を過ぎて空いていたので、ゆったりテーブルに座らせてもらえた。

久しぶりのひき肉丼。

 

またいずれ四万十には時間を狙って行こう。