naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

10月12日(火) 京橋から横浜へ

12日(火)は、A社(西新宿)、B社(三軒茶屋)両方の業務。出社はせずに外で動いた。

 

まず朝は、京橋にある前の会社の本社へ。A社業務である。

京葉線を使って八丁堀からかつての通勤路を通って行く。懐かしい。

 

A社同僚の監査役と落ち合って受付に行き、A社の非常勤監査役を務める経理部長と3人で、ある件についての打合せをした。

 

2時間弱。実りのある打合せができた。

 

私は午後からB社の横浜の営業所にまわることになっており、1人で東京駅に向かった。

 

B社のこの営業所には初めて行くのだが、市営地下鉄のセンター南駅が最寄りと聞いていた。

東京駅から東海道線で横浜まで移動し、地下鉄に乗り換える。

A社業務では、先刻の打合せとは別件の、急ぎで読まなければならない会議資料がある。これを移動の車中で読んだが、100ページを超えるボリュームで、読み切れぬままセンター南に着いてしまった。

 

駅前で営業所長と落ち合うことになっていたが、待ち合わせ時刻まで30分ほどしかない。とりあえずどこかで昼食を、とざっとあたりを見渡して、目に止まったケンタッキーフライドチキンに入った。

 

慌ただしく食べた後、無事に営業所長と落ち合い、営業所に移動。

 

この日の用務は、営業所の従業員7人との個別面談だった。

営業所には面談に適した場所がないため、近くの商業施設の中の一角で面談を行った。

 

1人の面談には30分から1時間かかるので、7人の面談が終わったのは19時過ぎになった。

表に出ると雨が降っている。

 

センター南駅に戻って、地下鉄で横浜駅へ。

 

横浜からは千葉行きの横須賀線総武快速に乗って帰ることにしており、電車が来たので乗り込んだ。

 

さてさて何よりも会議資料の続きを最後まで読み、必要に応じて帰宅後に関係者にメールをしなければならない。

座るが早いか資料を取り出して読み始めた。

 

しばらくしてふと顔を上げると、「籠原行き」という表示が目に入った。

え? 千葉行きじゃないの?

籠原行き?

 

どうやら同じホームに先に来た湘南新宿ラインの電車に乗ってしまったらしい、と気づいた。

「次は大崎」とも表示されたので、慌てて書類をしまって席を立ち、大崎で下りた。

 

いやー、危なかった。気がつかずにいたら、きっと川越だとかそっちの方に行ってしまっていたんだろう。

同じホームに全然違う路線の電車が来る場合があるけど、気をつけないといけないな。

(以前も、渋谷から千葉に向かう電車を待っていて、先に同じホームに来た電車にうっかり乗ったら神奈川の方へ向かって走り出し、武蔵小杉で折り返したことがあった)

 

大崎から品川まで山手線で移動し、佐倉行きの快速に乗り直した。

 

中断していた会議資料は何とか車中で読み終えることができた。

 

帰宅は21時半をまわった。乗り間違えによるロスは15分程度だったから、傷は浅かった。つくづく大崎の手前で気がついてよかった。

 

遅い時間だったが、まずは夕食をとり、翌日からの岐阜出張の支度をした。