naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

「リング」全曲盤、いよいよか?

ワーグナーの「リング」。

 

いずれは聴かねばと思いながら、55歳。

 

DVDなら、演出がオーソドックスな、レヴァイン=メトのものと決めている。

 

しかし、DVDをまとめて観賞する時間が持てるだろうか、と思うにつけて、とりあえずはCDをウォークマンで聴くのが先か、とも考えたりして久しい。

 

CDの場合、選択肢は昔から変わらない。ショルティカラヤンベーム
最近浮上した、カイルベルト盤については、ちょっと食指が動かない。

 

前記3盤については、大学の頃から存在しているわけで、大学オケの仲間たちと、どれを買うべきかと議論した時と、まったく状況が変わっていない。
時が止まったような状況のまま、30年以上が経過してきた。

 

いつかは買おう、と思いつつ、手が出ぬままにきたが、何か、ここ2、3日、もういい加減、買ってしまえ! という気持ちがちょっと高まってきている。

 

その30年以上の思案、結局は、スタジオ録音のショルティカラヤンが、私の中では核になっている。

 

擬音効果も含む録音と、歌手のよさではショルティ。オケ中心に、古いワーグナー像でないものを求めるならカラヤン

 

この論点も、さんざん考え尽くしている。

 

明日、小田(和正)さんの6年ぶりのアルバム、「どーも」を買いに、会社帰りに銀座山野楽器に行くことを決めている。

 

その時、いっそついでに(というには大きいが)買ってしまうか?

 

現時点でのチョイスは、結局、カラヤン

 

   ※関連の6年前の過去記事 「そろそろ計画的視聴を・・・?」
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/21674465