naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

踏みとどまった・・・

クライマックスシリーズ、ファイナルステージ。

ジャイアンツが、3連敗の後、昨日今日と連勝。

アドバンテージ込みで、3勝3敗の五分に持ち込んだ。

スイープされるかなと半ば覚悟していたが、何とか踏みとどまった・・・。

やれやれ、というところだ。

思うことをとりとめなく書きます。

・これで、明日は引き分けでもOKというところに持ち込んだのは大きい。

・別に、このCSで知ったことではなく、前からわかってたことだけど、ドラゴンズってのは嫌なチームだよねえ・・・。爆発的に点を取るチームではない一方、点を取らせてくれない。守備はほんとに堅いし。ちょっと見には、面白くない野球だよね、こういうの。でも、野球がほんとに好きな人は、こういう野球を評価するんだろうな。

・大差のゲーム、大量点のゲームがないのは、正直つまんない。ジャイアンツの昨日今日の連勝にしたって、3-1、3-2、ロースコアの接戦だしね。どっちのチームでもいいから、8-2とかのスカっとした勝ち方のゲームを見たい気もするんだけどね。まあ、チームカラーからすると、ジャイアンツがそれをやらないといけないんだろうけど。

・落合(博満)さんは、今どう思ってるんだろう。自分がチームをここまで育てたんだ、という満足感なのか。自分がいなくなったら不成績になった方が正直嬉しいのか?

・中3日の内海。100球目でブランコに同点ホームラン打たれて降板。このシリーズ、第1戦もそうだったが、さんざんに打たれたわけではなく、そこそこには粘ったピッチングはしたと思う。特に今日は中3日での2失点だったら、上出来だ。昨日勝ち投手になった澤村と、格別差があったわけではないと思う。ほんのちょっとの運の差だ。チームがサヨナラ勝ちした時、大喜びしてたね。自分のピッチングには満足できなかっただろうけど、そういうものなんだね。できるものなら、日本シリーズでこの悔しさを晴らすピッチングをしてほしい。

・9回裏。代打で出かかって、相手ピッチャーが岩瀬から山井に替わったことで、代打の代打を出された谷選手。どんな気持ちだっただろう。右投手相手だって、打てる、と悔しかったのではないか。しかし、代打の代打、石井がサヨナラヒット。どんな思いだっただろう。劇的勝利のジャイアンツにあって、話を聞きたい筆頭だ。

・アドバンテージを含めての星取は、○●●●○○。ジャイアンツが、王手をかけられ、1敗もできなくなってからの逆転と言えば、誰しも思い出すのが、1989年のバファローズ相手の日本シリーズだろう。●●●○○○○。3連敗4連勝のあのシリーズは忘れられない。加藤投手の「巨人はロッテより弱い」発言に発憤したジャイアンツが、3連敗から2連勝。そして迎えた第6戦。平日で会社にいた。当時、インターネットはまだなく、試合の経過をデスクで知ることはできなかった。今だから言うが、+ここだけの話だが、どうにも我慢できず、用事があるふりをして表に出て、携帯ラジオで戦況を聴いていたら飛び出した、原(現監督)の満塁ホームラン。これで五分だ! と確信したあの時の嬉しさは、今でも昨日のことのようにおぼえている。

・もう一つ、王手をかけられてからの巻き返し、「サヨナラ勝ちでの逆王手」と言えば、1976年の阪急ブレーブス相手の日本シリーズが忘れられない。前年に就任した長嶋監督、最下位からの優勝で臨んだ日本シリーズ、初戦から3連敗の後、2連勝。●●●○○で迎えた第6戦。0-7と大きくリードされて、こりゃもうだめだと思ったが、その後、驚異の反撃で8-7とサヨナラ勝ちで3勝3敗の逆王手。この勢いなら第7戦もジャイアンツのものだと確信したが、足立投手の冷静なピッチングにしてやられ、3連敗4連勝はならず。がっかりしたよなあ。大学3年の秋。

さあ、明日は第6戦。ジャイアンツは一体誰が投げるんだ? 中3日でホールトン? それはちょっと不安・・・。