naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

父の一周忌法要

イメージ 1

今日21日(土)は、木更津の菩提寺で、父の一周忌法要を行った。

昨年の、来週にあたる日曜日、施設の主治医からの連絡を受け、オケ練参加を中止して木更津にかけつけたのが、生きている父と会った最後だった。

4日後、7月4日が命日となった。

早いものだ。もう1年。

一周忌は内輪で行うことにして、妻、妻の母、妹一家、父の実家関係、母の実家関係から、10人が集まった。

これまでの法事ではなかったことだが、本堂に入ると、ラジカセから男性の歌声が流れている。
その歌が終わって、法要が始まった。

私は知らない曲だったが、樋口了一という人の「手紙~親愛なる子供たちへ~」という曲だった。年老いた親が子供に向けたメッセージを内容とする歌詞だった。

10人ばかりなので、お経は短かったが、その分、住職の話が長かったなあ。話は、アジア外交集団的自衛権にまで及んだ。

みんなで父母の墓に参ってから、近くの料理屋に移動して、会食。

甥は、今年の4月に大学院を卒業して就職したが、勤務先の関西から来てくれた。今日の内に戻って、明日は仕事なのだそうだ。

姪は、今年成人式だったが、アルコールが解禁で、ビールをちょっと飲んでいた。

甥と姪の成長。父母が元気だったら、きっと喜んだだろうな、と思った。

梅雨のさなかだが、幸い天気もよく、穏やかに一周忌の区切りを終えることができた。

集まってくれた、家族、親族に感謝。

来年は、父の三回忌と母の七回忌が重なる。