naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

オケ練日誌~高弦分奏に今季最初で最後の参加

日 時 : 2014年10月12日(日) 13:00~17:00
場 所 : 市内公民館視聴覚室
指 導 : 弦トレーナーY先生
内 容 : 高弦分奏(ヴァイオリン、ヴィオラ)
曲 目 : ヘングレ、第九(1~4楽章)
弦人数 : 8・5・6
弓の毛 : 無事

3週間ぶりのオケ練になる。

先々週は、ユニ響(津田沼ユニバーサル交響楽団)の本番。
先週は練習参加の予定だったが、台風接近対応のため、急遽欠席せざるを得なかった。

今日は、弦トレーナーY先生の指導で、高弦分奏。

個人的には、今季、Y先生にお目にかかるのは初めて。ずいぶん久しぶりだ。

休団から今季復帰したヴィオラのMさんとも、これまでの練習ではすれちがいばかりで、久しぶりに顔を合わせた。


休憩の後、ベートーヴェン「第九」の1楽章。

再度休憩をはさんで、2楽章。トリオとダカーポは省略。

3楽章は、99小節目、ヴァイオリンの細かい変奏の場所から。

そして、4楽章は、「楽譜が黒いところ」。最初は、練習記号Cの、セカンド、ヴィオラの16音符の部分から、何カ所か拾って練習した。

最後にやった、練習記号Mでは、途中に出てくる、オクターブ音型の連続に対応する練習の方法を教えていただいた。

Y先生の分奏は、今季これで最後だ。これまでの分奏に出席しなかったのが悔やまれる。

Y先生には、今後本番までの合奏練習を2回指導していただくことになっている。

3回分奏が続いたが、来週は、4週間ぶりの合奏となる。

※練習往復に聴いた音楽
    マーラー 交響曲第1番
       バーンスタインニューヨーク・フィル
    ベートーヴェン 交響曲第5番
       バーンスタインウィーン・フィル
    スーザ ワシントン・ポスト、忠誠、雷神、海を越える握手、星条旗よ永遠なれ
       バーンスタインニューヨーク・フィル
    ベートーヴェン 第九
       アバドウィーン・フィル
    ショパン バラード第1番
       ポリーニ(1999年録音)
    シューマン 幻想曲
       ポリーニ