naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

国立三角駅舎物語

「国立三角駅舎物語」という本が出たことを、「くにたちNAVI」というサイトで知った。

   https://kunimachi.jp/topics/kunitachisankakuekishamonogatari/

 

国立市観光まちづくり協会が発行した本で、大学通りの増田書店で売っているという。

 

国立駅舎もオープンしたことだし、国立に行ければ良いのだが、折からの緊急事態宣言で、そうもいかない。

 

増田書店に電話して話してみると、代金と返信用封筒を送ってくれれば、郵送するとのこと。

 

さっそく現金書留を送ったのだが、今日16日(木)、届いた。

f:id:naokichivla:20200416180003j:plain


国立駅の写真の栞が添えられていた。嬉しいな。

 

ページをめくってみて、へえ、と思ったのが、国立駅舎の左右非対称の形は、上空から見た国立の町の形にそっくりだ、という話。

f:id:naokichivla:20200416175037j:plain

 

エビデンスはなく、都市伝説のレベルらしいが、知らなかった。これは面白い指摘だ。

 

「ゆかりの作家と三角駅舎」のページには、山口瞳嵐山光三郎忌野清志郎らと並んで、滝田ゆう氏が載っている。在学中、旭通りの「おばこ」に飲みに行ったら、カウンターに滝田氏がいたことがあったっけ。

 

良い本が手に入った。

 

※過去の関連記事

    「三角屋根でまちあわせ 旧国立駅History book(歴史本)」発行

       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/2020/04/02/232921