naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

水島新司氏引退

昨1日(火)、水島新司氏が引退を発表した。大変残念なニュースだ。

 

けさのスポーツ紙の多くが、一面で扱った。

f:id:naokichivla:20201202225753j:plain

 

スポニチは、3面にわたって取り上げている。

f:id:naokichivla:20201202225830j:plain

f:id:naokichivla:20201202225847j:plain

 

水島氏には数多くの野球マンガを読ませてもらってきた。

 

私の場合は、特に「ドカベン」と「あぶさん」だ。

 

ドカベン」は、大学時代に「少年チャンピオン」で出会い、明訓ナインと数々のライバルたちとの闘いに毎週没頭した。

 

卒業後、コミックスを1巻から大人買いし、自分にとって未知だった連載開始の部分から改めて読んだものだ。

 

大甲子園」で明訓高校の物語が終わった後、「プロ野球編」が新たに始まった時は、大いに興奮した。

(今日のスポニチの記事によると、このプロ野球編は、清原和博選手が水島氏に要望して始まったとのこと)

 

一方、「あぶさん」は、社会人になってから、「ビッグコミックオリジナル」で出会った。

 

これも連載途中からだったが、現場事務所勤務時代、よく行っていた食堂にコミックスが全巻揃って並べられていて、ここで連載開始の部分から全部を読んだ。

 

あぶさん」については、全巻を自分でも買い求めて持っている。

 

水島野球マンガの魅力は、描かれる野球そのものの面白さももちろんだが、それに併せて登場人物のキャラクター設定にも秀逸なものがあった。

 

ドカベン」もそうだし、「野球狂の詩」もそうだったと思う。

 

各作品のいくつもの名場面が思い出される。

 

あぶさん」が終わり、「ドカベン」も終わった時、水島氏の年齢からすれば仕方がないこととは思いつつ、連載が難しくても、単発の形でいいから、山田太郎里中智のその後、景浦安武のその後を見せてほしいと思っていた。

 

それだけに今回の引退宣言は大変残念だが、氏が残した作品群は永遠に不滅だ。

 

モーツァルトベートーヴェンの傑作群のように、これからも永く読み継がれてほしいと思う。

 

水島氏、あるいは古関裕而氏の野球殿堂入りがしばしば話題になるが、今回、水島氏は殿堂入りについても辞退の意向を示されたという。この点もファンとしては大変残念に思う。

 

※過去の関連記事
    里中智プロポーズ
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/46026769
    「ドカベン」最終章~「ドリームトーナメント編」始まる
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/62929690
    松井秀喜選手の引退表明に
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/63424740
     「あぶさん」突然連載完結の違和感
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/64040225
    ドカベンに出てきた路線だ
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/64085989
    水島新司マンガストリート~新潟古町
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/64527055
    「ドカベン」完結
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/66084183
    「ドカベン」最終号
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/66088096
    「ドカベン」最終巻全面広告
       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/66138503