naokichiオムニバス

66歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

ユニ響練習日誌~夏には酷な「リエンツィ」

中学校オケとの合同リハーサルを終えて、浦安文化会館を後にした。

ユニ響(津田沼ユニバーサル交響楽団)の練習のため、谷津まで移動。

おさんぽバスで、東西線浦安駅へ向かう。ふだんは、反対側にあるバス停から、新浦安駅へ戻るんだけど、こっちから乗るのは珍しい。

イメージ 1


ヴァイオリンのRちゃんと乗り合わせたので、浦安駅から西船橋駅まで一緒に行く。

船橋駅へ移動。

ときわ書房や西武百貨店で時間調整をして、てんやで夕食をとってから、京成で谷津まで移動。

谷津公民館へ。

副指揮者K先生の指導での合奏。

本番も近づいてきて、エキストラが増えてきた。

オーボエに、浦安のH団長。
ヴィオラに、元浦安団員のKさん。7月の亀戸でのヴィオラ女子会以来だ。
その女子会にも参加された浦安ヴィオラ常トラのYさんは、今回こちらではファースト・ヴァイオリンで。
大学オケ仲間のチェロのS氏も。

最初は、ワーグナーの「リエンツィ」序曲。

通し演奏の後、細かい返し練習。1時間近くをかけた。

それにしても、この暑い夏に弾く曲じゃないね(笑)。もう汗だく。

かつ、個人的に言えば、汗だくになっても、弾けてるわけではない、という(内緒)。

休憩の後、ベートーヴェンの1番。

2楽章、3楽章、4楽章、1楽章の順に練習した。

時間の制約があって、どの楽章も充分にはできなかった感が残った。

来週も、K先生の指導で、メインのブラームス4番を練習する。

※浦安・谷津の移動途上で聴いた音楽
    ベートーヴェン 交響曲第8番、4番、7番
       小澤征爾=水戸室内管
    ERIHIRO Stars、Save me
    SPEED SPEEDLAND
    サン=サーンス オルガン付
       マルティノン=フランス国立管(1975年録音)