naokichiオムニバス

67歳会社員。ヴィオラ弾き。ビール大好き。毎日元気。

3ヶ月ぶりの木更津帰省

昨7日(日)、木更津に日帰り帰省した。

 

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が出てからは、県内移動も控えるよう呼びかけがなされていたこともあり、ずっと帰っていなかった。

 

ほぼ3ヶ月ぶりである。

 

木更津駅西口。ロックダウンされているのか? と見えかねないが、コロナ前からこんな感じです。

f:id:naokichivla:20200608224200j:plain

 

今回の帰省は、菩提寺行事への出席が目的。

 

毎年、この時期に行われる、戦没者慰霊法要である。

 

届いた案内ハガキには、今年は、新型コロナウイルスの現況に鑑みて、檀家の出席は求めない、との趣旨の記載があった。

 

しかし、父の兄は、先の大戦で戦死していて、菩提寺に墓がある。

 

緊急事態宣言も解除されているので、出席することにした。

 

法要は、住職と、その息子さん2人で執り行われた。息子さんは、小学生くらいだろう。

 

敗戦後10年の年に生まれた私は、父母や祖父母から、しばしば戦時中の話を聞いて育ったが、この子供たちにとっては、生まれるはるか昔、もう75年も前のことだ。

 

これからの世代の子供たちに、戦争、そしてその犠牲者のことを、どう語り伝えたらいいのか。

 

私自身、「戦争を知らない子供たち」の一人だったわけで、リアリティを持って語ることはできない。

 

大切な日本が、戦争を繰り返してはならないことだけは、間違いないが、日本人のほとんどが、実感を伴った、生きた言葉で、戦争を語れなくなっているのも現実。

 

どうしたら平和を守っていけるのか。

 

そんなことを感じさせられた慰霊法要だった。

 

※過去の関連記事

    My Home Town      

       https://naokichivla.hatenablog.com/entry/66315484